ローコスト住宅が得意な業者ランキングin千葉

低価格でも丈夫で安心!千葉エリア対応のおすすめローコスト住宅施工会社ガイド

注文住宅基礎知識

木造軸組やツーバイフォー、コンクリート…日本の多くの家で採用されている6つの住宅構造をまとめました。家づくりにおける基礎中の基礎ですので、住宅購入を検討している人はぜひ参考にしてください。

日本における主な住宅構造

家を建てる前に、知識として住宅構造というものを知っておきましょう。

日本ではたくさんの種類の構造や工法があります。どの構法で家を建てたらよいか、はじめての人は大いに迷います。住宅の主な構造や工法を知っておくと、モデルハウスを見学した時や打ち合わせの時に理解が早いですし、意思決定に役立ちます。

木造軸組住宅(もくぞうじくぐみ)

日本において発達してきた伝統的な建築法を、簡略化し発展させたもので「在来工法」とも呼ばれます。

鉄筋コンクリートで作った基礎の上に、木の土台を据えて木の柱や梁といった軸組で支える構法。柱と柱は梁で水平につないで、対角線を筋交いで補強します。

ツーバイフォー住宅(2×4(ツーバイフォー))

北米からの外来工法で、6種類の厚板製材と構造用合板で建てる工法です。

おもに使われる厚板製材のサイズが、2インチ×4インチであることから、「2×4(ツーバイフォー)工法」と呼ばれます。この6種類の規格材を、現場でほとんど加工することなく用います。気密性、断熱性、耐震性、遮音性などに優れています。

木質系住宅

木質系住宅には、2つの工法があります。

1つ目は、軸組構造を基本構造として壁パネルを組み合わせたもの。これは軸組構造の良さを生かしながら、建築物の強度を高めています。

もう一つは、パネル自体を構造体に組み立てるもの。こちらはパネルを使って組み立てるため、箱のような安定感があります。どちらも、気密性にすぐれた住宅です。

鉄骨系住宅

柱や梁を木材ではなく鉄骨を用いた工法。軸組工法、パネル工法、両方併用、の3パターンに大きく分けられます。内装や外観は木造建築と変わりありません。軸組が鉄骨なので、揺れにつよく耐震性にすぐれています

コンクリート系住宅

コンクリートのパネルやユニットを用いた工法。パネル構造、鉄骨構造+コンクリートパネル工法、コンクリートユニット工法の3パターンに大きくわけられます。耐震性、耐火性にすぐれた頑丈な住宅です。

鉄骨系ユニット住宅

木質系や鉄骨の柱と梁を箱型に組み立てた箱型ユニットを基本とした工法。ユニットは工場でつくられますので品質が安定しています。耐震性や耐風性にすぐれ、雪にも強い住宅です。

 
ローコスト住宅が得意な業者ランキングin千葉