ローコスト住宅が得意な業者比較in千葉

低価格でも丈夫で安心!千葉エリア対応のおすすめローコスト住宅施工会社ガイド

ローコスト住宅と普通住宅の違い

ここではローコスト住宅と普通の住宅にはどのような違いがあるのかについてご紹介します。

価格面での違い

最も大きな違いはここにあります。家を建てたいと思っているけれど、あまりにも大きな費用がかかる場合は検討できない…という方も多いのではないでしょうか。そういった方でもローコスト住宅であれば検討できる可能性が出てきます。

ローコスト住宅といっても、ものによっては数千万円の買い物にはなってしまいますが、普通住宅や高級住宅に比べると大幅に価格を抑えられるのが魅力です。

一般的には高級住宅は坪単価が80万円以上、普通住宅は50万円~60万円程となっているのですが、ローコスト住宅の場合は坪20万円~40万円台で家を建てられます。

デザイン性の違い

ローコスト住宅の場合、普通住宅ほどの自由度がありません。そのため、自分たちが望むデザインが選択できなかったり、限られたデザインの中から選ばなければならないケースが出てきます。

品質の違い

ローコスト住宅というと、安く建てられているから危険性も高いのでは…と思ってしまう方もいるかもしれませんが、そんなことはありません。今は昔に比べて安くて良い材料がたくさん出てきているので、そういったものを積極的に使い費用を抑えているのです。

ただ、普通住宅でかなり素材にこだわっているものにはかなわないのが事実だといえるでしょう。例えば、ローコスト住宅では安くて丈夫な素材を使っているのに対し、素材にこだわっている家ではシックハウス対策ができる素材や化学物質を含んでいない素材などが使われています。

ローコスト住宅を建てる際には、一定の品質を確保するために信頼できる業者選びをすることが大切です。

アフターサービスの違い

ローコスト住宅でも丁寧なアフターサービスを用意してくれています。ただ、普通住宅に比べるとアフターサービスが適用される期間が短い場合もあるので注意しておきましょう。

耐震性の違い

大きな災害を不安に思っている方が多いことから、ローコスト住宅だったとしても耐震性にはこだわった建物作りをしています。しかし、とにかく耐震性能を高めている普通住宅などに比べるとその性能は高いとは言えないでしょう。

普通住宅の中には、耐震より効果的とされる免震や制振機能を整えているところがあります。「倒壊しない」というよりも「揺れない」と言えるような住宅も増えてきました。

免震では家の土台となる部分に免震装置を設置し、地震が起きた際に揺れを建物に伝えません。制震では揺れを吸収する素材を組み込んで住宅を建てます。

これに対し、ローコスト住宅は基本的に大掛かりな免震や制振機能を整えると予算をオーバーしてしまうため、耐震に力を入れています。

例えば、建物自体を軽くして地震の衝撃を抑えたり、柱や梁を頑丈に造るといった方法で設計が行われるのです。

ローコスト住宅でも耐震等級3をクリアしているところは少なくありません。耐震等級3というのは、震度5強程度の地震では損傷しないとされている耐震等級1の1.5倍の地震にも耐えられるとされている等級です。実際に、耐震等級3で設計された住宅の多くは東日本大震災でも倒壊せずに残りました。

ローコスト住宅を建築している業者の中には、耐震性能にかなりのこだわりを持っている所もあるため、そういったところを選びたいですね。

ブランド力

ローコスト住宅の中にはブランド力が弱いものもあります。どうしても大手メーカーで住宅建築を行いたいと思った場合はブランド力も決定要因でしょう。

中小のローコスト住宅はブランド力がない代わりに費用を抑えられるのが魅力です。

 
ローコスト住宅が得意な業者比較in千葉