ローコスト住宅が得意な業者ランキングin千葉

低価格でも丈夫で安心!千葉エリア対応のおすすめローコスト住宅施工会社ガイド

自分たちでできるコストダウンのコツ

 ここでは、施主自身の工夫でできるコストダウンの方法をいくつかご紹介します。

自力で可能なコストダウン方法

間取りを区切りすぎない

不必要な廊下や玄関ホールなどを無くしたり、なるべく部屋の間仕切りを少なくオープンにすることで、壁やドアの材料費を抑え、施工にかかる人件費をコストダウンできます。

間仕切りを無くすことで、空間を広く取れる効果もあります。

こだわりの無い部分は設備のグレードを下げる

見積もりで提案された設備が、自分達には華美すぎたり、必要のない機能が付いているようであれば、グレードを下げることも大きなコストカットにつながります。

機能性に問題があれば困りますが、こだわりが無いようなら、不便の無い範囲の最低限の設備でも問題ありません。

可能な設備・備品は自分で揃える

エアコンや照明、カーテンなどは、物にもよりますが、自分たちで揃えた方が安く済む場合があります。電気店等のセールやまとめ買いによって値引きをしてもらえる場合も。

ただし、建築業者が手配するものの方が安いこともありますので、良く話を聞いてから購入方法を考えましょう。

家具・備品を自作する

作り付け家具の費用は高額になることが多く、既製品もそれなりのものを買うと安くは済みません。カーテンなどもそうです。

もし可能であれば、日曜大工の延長で、自作の家具を作ってみるのも一つの手。大きさもちょうど良いものができますし、多少形が悪くても、それが味となってくれます。難しい物ではなく、シンプルで簡単なものを作るのがコツです。

水回りを集約する

キッチン、バス、洗面、トイレ等の水回り設備をなるべく近くにまとめることで、配管の長さが短くなる以外にメンテナンスや更新がしやすくなるメリットが生まれます。

家の表面積を小さくする

材料にかかるコストは、材料の価格と家の表面積に関わってきます。家の形をできるだけシンプルに、凸凹を少なく、壁の表面積を小さくすると良いでしょう。

なるべくローンを組まない

最も基本的なことと言えますが、住宅の取得費用のうちローンに関わる費用は非常に大きく、利子に加え、手続きの費用も大変高額になるので、なるべくローンを組まないことが、重要です。

表示登記は自ら行う

建物の表示登記を個人で申請すると、土地家屋調査士費用が約8万円節約可能になります。

ただし、縮尺のあるシングルラインの線画による簡単な図面を描けることが条件となので、少々ハードルが高いかもしれません。図面が描ければ、あとは法務局の方が教えてくれるので、申請書類を用意するのみです。

 

 
ローコスト住宅が得意な業者ランキングin千葉